整形外科と併用ができる交通事故治療

危険信号!身体に違和感がある方へ

危険信号!身体に違和感がある方へ

  • むち打ちなど、交通事故を起因としたケガをした
  • 交通事故の後から、吐き気やめまいがする
  • 強い衝撃を身体に受けたが、今のところ特に症状はない
  • 違和感があるものの、レントゲン検査の結果では異常が無かった
  • 保険手続きや示談金の交渉などのシステムがよく分からない
  • 診療時間が合わず、病院(整形外科)に通院することが出来ない

 

強い衝撃が急に身体に加わる交通事故では、むち打ちなどの症状が起きることが多いです。もし症状が出た場合、身体に違和感がある場合は、今後障害が残らないように出来る限り念入りに治療をしていくことがもっとも大切です。それと同時に、病院や整骨院で治療を受けるか否かは、とても重要な選択になってきます。

国家資格を持つ治療のスペシャリストが施術を行う当院では、身体の各部分を支え、痛みなどを引き起こす原因にもなる「筋肉」に着目し、原因の元からしっかりと治していく施術を行っています。

自賠責保険を使用すると、自己負担金なしで治療出来る可能性が高いです。仮にレントゲン検査が必要な場合でも、信頼性のある整形外科(病院)をご紹介することが可能ですので、まずは一度当院へご相談下さい。

特に症状が出ていない方も、要注意です!

特に症状が出ていない方も、要注意です!「交通事故に遭ってしまったものの、特に痛みも生じていないし問題ないだろう」そう安心してしまう方は多いのではないでしょうか。しかし、むち打ち症の場合、事故直後から2日~1週間ほど経ってようやく症状が出始めることが多いので、決して軽視してはなりません。自己判断することは大変危険なので、身体に異常を感じない場合でも事故後はすぐにご相談下さい。数日経ってから痛みや痺れなどに襲われないよう、事故直後には症状が出ていなくてもしっかりと検査を受け、整骨院での治療を開始しましょう。

また、病院(整形外科)でレントゲン検査を受け「異常なし」と診断されてしまったがために、症状を我慢したり、「もう自分は診てもらえないんだ…」と、諦めてしまう方が多いのも事実です。当院では、整形外科で異常なしと診断された方でも、転院して治療が可能です。身体に違和感があるうちは、決して諦めず、症状が回復するまで治療を続けましょう。 湿布を日常的に使用している方は皮膚がかぶれたり、痛み止め薬を飲み続ける方は、胃炎を引き起こし兼ねません。よって、それらの対処方法だけでは不十分であり、それは賢明な選択とは言えません。またマッサージ店などで痛みを和らげている方も少なくありませんが、マッサージ店は慰安がそもそもの目的のため、事故後に余計な刺激を与えすぎると症状が悪化し兼ねません。慰安目的のマッサージと、治療目的の施術の違いをしっかりと理解しましょう。 花巻やぎ整骨院では、国家資格をもったスタッフが治療を行うため、専門的な知識・技術のもと、安心安全の治療ができます。

交通事故後のながれ

治療を受ける際の準備

交通事故の届出

加害者、被害者の双方から警察に届け出を行います。特に、けがを負ってしまった場合には人身事故として取り扱われますので、届け出を行うことが必須になります。また、仮渡金等で必要となってきますので、自動車安全運転センターに行き、交通事故証明書を交付してもらいましょう。

相手(加害者)の情報を集める

事故を起こした際は、相手方の以下の情報を収集するようにしましょう。

  • 相手方の名前
  • 住所と連絡先
  • 車のナンバー
  • 自賠責保険(共済)
  • 自動車保険の会社名
  • 証明書番号
  • 勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先

※勤務時間内であれば、運転手本人のみならず、雇い主も賠償責任を問われる場合があります。

現場での目撃証人から証言を得る

交通事故の目撃者がいたら、協力を願い出てそのときの状況を証言してもらいましょう。証言のほか、お名前や連絡先のメモも必須です。証人がいると、相手方と意見が食い違った際などに協力してもらい、トラブルを防ぎやすくなります。

事故現場状況を記録する

当人や証人の記憶は、時間が経つにつれてぼんやりと曖昧になってしまうものなので、事故の直後に現場を撮影したり、現場の見取り図や事故の状況やプロセスを書き留めておくことをおすすめします(携帯電話などでの撮影でも構いません)。自分では出来ない場合、周囲の人にお願いしましょう。その際に保存したデータは、賠償交渉終了時まで保存しておくようにしましょう。

医師の診断

「交通事故のけが」扱いで治療を受けるようにするためには、医師の診断が必要になります。事故が発生してから時間が経過すると事故との因果関係が認められず、交通事故のけがとしての治療が受けられなくなる場合も考えられます。そうなると、保険金の支払い等にも関わってきますので、必ず医師の診断を受けてください。そして、レントゲンやCTなど、出来る限り精密な検査を受けましょう。

保険会社との連絡

保険会社に、当院での治療を希望する旨を伝えて下さい。すると、保険会社から当院に交通事故の治療依頼の連絡が入ります。保険会社との連絡が完了した時点で、治療が可能となります。

交通事故治療の開始

ご来院

ご来院当院を受診される場合、お電話にて交通事故の治療を希望する旨をお伝えください。事故で受けたケガの処置は出来る限り早期に始めるべきなので、直接当院へお越し頂くか、前もってお電話でご相談やご予約をお願い致します。

※ご予約やご来院にあたっては、以下の要件をご準備ください。

  • お取扱いの保険会社名とご連絡先(ご担当者名)
  • 診断名(病院受診の方のみ)
  • 連絡先
問診票の記入

交通事故の治療に際し、問診票にて以下の項目の記入をお願いしております。

  • 事故が発生した日時、状況
  • 医師の診断内容
  • けがの症状
  • お取扱い保険会社の確認
保険会社への手続き

交通事故に遭う方は初めての方がほとんどのため、「保険手続きが分からない」という方が多いです。保険会社への手続きは、当院にて行いますのでご安心下さい。患者様には、まず症状の改善を一番に考えて頂きます。

触診・エコー検査、治療プランニング

触診やエコー検査によって、症状の確認を行ったあとは、患者様の症状・体質に合わせてオリジナルの治療メニュー(筋肉調整、超音波治療、冷温法、電気療法、テーピング、背骨・骨盤矯正など)を作成していきます。

治療の開始

治療の開始上記で決定した治療プランに沿って、治療を行っていきます。また、日常生活での注意点の共有や、リハビリなどのアフターケアも行い、本来の生活に出来る限り早く戻って頂けるよう当院が全力でサポートいたします。

治療完了

治療を行っていく中で症状が改善され、日常生活において不都合や重大な後遺症がなければ、治療は完了です。逆に、未だ身体の違和感がとれないという方は、遠慮せず正直にご相談頂けると幸いです。

治療費の計算

保険会社に治療が完了した旨を報告した後、費用の計算を依頼します。患者様が費用明細を含めた示談内容書を確認し、患者様が納得出来ればサインをして頂き、交通事故処理と治療の完了となります。

症状の早期回復に大切なこと

症状の緩和、早期回復に有効な3つのポイント

  1. 的確な患部の安静
    事故を起こした日から2週間ほどは、患部が腫れたり熱く感じてしまうことも多く、そのような状態で治療を行うと、負荷が加わり痛みが増してしまう可能性も考えられます。炎症を抑える処置を行いながら安静を保つことも、事故後の大切な治療の一つです。
  2. 早期に適切な治療を開始
    治療を始めるのが遅いと、その周りの筋肉が固まって治癒しにくい状態を作ってしまいます。身体の状態をチェックしながら適切なタイミングで治療をスタートさせることで、効果的に痛みを取り除くことが可能です。早期に治療すれば、1カ月程度で約70%も症状が緩和することだって夢ではありません。
  3. 適度な間隔・頻度での通院
    痛みが生じている間はなるべくインターバルを空けず、十分な治療を受けるようにしましょう。辛い痛みに見舞われた際に、治療が受けられないということにならないように、当院では患者様の状態に合わせた通院環境を提供させて頂きます。

整形外科との併用について

交通事故の届出交通事故でむち打ちになった場合、整形外科などの病院にまず行かれると思います。その際、病院ではレントゲン、CT、MRIなどの画像検査で、むち打ちや痛みの原因を究明しようとしますが、むち打ちなどの症状(筋肉や腱の損傷)が画像検査に映ることはありません。

整形外科は診断・検査のプロフェッショナルなので、当院でも医療機関との連携はとても大切にしています。しかし、むち打ち症のように「レントゲン検査に映らないもの」に関しては、症状の原因が見つからない可能性が出てくることも0ではなく、根本的な改善に限界が出てしまうケースも有り得ます。 整形外科は鎮痛薬や消炎薬など、症状の対症療法がメインとなりますので(もちろん症状によっては対症療法が望ましい場合もあります)、根本的な改善に至らない症状は違う改善策をとる必要があります。

当院には、「病院でレントゲン検査をしたけど異常は見られなかった。でも痛みがとれないから何とかしたい…」とのお悩みで、多くの患者様が来院されます。また、すべての症状に対して手技や治療器によって施術を行うだけではなく、炎症熱感に対しては、消炎鎮痛外用薬(湿布)に加えて、アイシングなどの急性疼痛の治療、さらには5日から1週が経過し、症状が落ち着いてから頚肩甲部の筋緊張を緩和させるなど、様々な理学療法も組み合わせながら症状改善を図っていきます。

損害保険会社の担当者様へ

花巻やぎ整骨院では、安心した施術によって、患者様の早期快復を目指しております。それに伴って、患者様や保険会社様、医師との連携も行って参ります。

花巻やぎ整骨院 交通事故施術にかかる7つの方針

1法令を尊守します

関係法規に関わる法令と自賠責保険取り扱いについての倫理を、国家資格を取得した柔道整復師として尊守します。

2保険会社様の算定基準にて請求をさせて頂きます。

施術請求は、保険会社様の算定を基準にして計算し、作成致します。自由診療などによって高額の請求を行うことは一切致しません。

3 医師の診断をもとに、施術部位を打ち合わせ致します。

施術部位の診察は、原則的に医師の診断に基づいて行います。診断部位以外で患者様から症状の訴えがある際も、必ず保険会社様から事前に了解を得た上で部位数の決定を行います。

4病院での経過報告の促進を致します。

患者様に、病院への経過報告の必要性を患者様に連絡し、月1回~2回程度の診察を促します。

5保険会社様の指示に従って施術証明書を提出致します。

施術を開始する際の打ち合わせ時点で、保険会社様が希望される施術証明書の提出(毎月・一括)を実行します。

6早期回復を目標に、患者様・保険会社様双方の利益を確保致します。

豊富な経験に基づき、早期での回復を目標とした施術を行って参ります。患者様には必要な情報を伝え、適応範囲や時期などをご理解頂いた上で、患者様・保険会社様双方の利益を目指します。

7転院を希望される患者様を積極的に受け入れ致します。

以下のような理由から当院へ転院を希望される方にも、懇切丁寧に対応致します。

  • 平日の通院が難しい方
  • 他院へ通院しているが治療効果が得られず、長期に渡って時間を要している方
  • 患者様から相談を受け、かつ当院が該当地域である方
  • 早期の回復が必要な患者様

そのほか、保険会社様と積極的に連携を取りながら、よりよい関係を築きたいと思っております。何卒よろしくお願い致します。

施術費について

交通事故の治療は、自賠責保険が適用できます。

交通事故治療メニュー

費用(税込み)

早期回復治療 自賠責保険適用で患者様の自己負担0円
一番上に戻る
TEL:0198-24-2163お問い合わせ

花巻やぎ整骨院

受付時間
8:30-12:30 ×
15:00-19:00 × ×

 午後は予約のみ

24時間メール受付中 お気軽にご相談ください
花巻やぎ整骨院BLOG花巻やぎ整骨院Facebook